パンフレットの印刷方法

印刷物をパンフに

印刷自分

パンフレットの印刷物と製本 

商品案内や会社案内などの印刷物の冊子は一般的にパンフレットと呼ばれています。尚、商品案内や会社案内と言う冊子は複数のページで製作が行われているのが特徴です。プリント後の製本には無線綴じと平綴じと呼ばれる方法が有り、これらの冊子は平綴じでの製本で行われるのが主流となります。尚、製本は印刷が終えてから行われるものであり、製作途中で製本の方法を変える事が出来ません。そのためパンフレットの製作を行う時には、ページレイアウトを作る際に製本の方法を考えた上で製作に入る必要が有ります。因みに、無線綴じは針金を使う事無く製本を行う方法でページ数が多い冊子に利用されている製本の方法です。

パンフレットはシンプルに 

印刷されたパンフレットは必要な人の手に渡れば大切にされるものです。迷惑だと思われているダイレクトメールが何故減らないかというと情報を必要としている人の手に渡ったときに反響があるからです。資源の無駄遣いと言われている印刷物ですが、一定の需要があるのはそのためです。パンフレットをシンプルに作成することで省エネと低コストを実現することが出来ます。あくまでも導入部分のツールと割り切って、細かい説明については別に資料などを作成することでより踏み込んだ内容を訴えることが出来ます。イメージ戦略の一つと割り切ることも重要です。

© Copyright オンデマンド印刷について. All rights reserved.